FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな古時計の主題による幻想曲



Fantasia on Grandfather's Clock
-H.C.ワーク・小東-

新譜ではありませんが、普通のアンサンブル曲もということでニコニコに投稿した作品です。
幻想曲ですので、どちらかというと編曲ではなく作曲の部類に入ります。

この曲は、大学のアンサンブルコンテスト(吹奏楽連盟のではない)に出場する為に書いたものです。
Tp3,Hrn2,Trb2,Eup,Tubaの9重奏で、メンバーのほとんどが初心者であった為難易度は低めに設定しています。

原曲の著作権は失効しているので、1パート端折って吹奏楽連盟のアンサンブルコンテスト等で演奏しても構いませんし、普通のコンサートで演奏しても構いません。
ただし、小東の名前はちゃんと書いて下さいね。


曲の解説。

日本語の訳詞ではなく、英語の原詞を元に書きました。
スコアの冒頭にある歌詞をよく読んで下さい。日本語版とは結構細部が異なります。

・頭、Brilliantは輝かしく華々しく。
金管アンサンブル特有の響きを大切に演奏して下さい。
トロンボーンの8分音符はレガート気味で。

・15小節目のトランペットソロは自由に演奏して下さい。
楽譜には書いてないけど、アドリブです。どソロなので自分の世界に浸って下さい(笑)

・20小節目、Allegroは今までの横ノリから一転して縦ノリになります。
歯切れよく軽やかに演奏して下さい。
アクセントの付いている音はしっかり舌で止めるポップス的な吹き方で。

・44小節目からは8分の6拍子、短調の音楽になります。
音の重ね方、響かせ方、多くの面で今までと違った吹き方をしなくてはいけませんので、よく研究してください。

・62小節目で軽くrit.をかけます。普通に演奏したらそうなると思います。
プレイバック音源ではrit.がかかっていないので一応。

・63小節目、Adagioからはまた長調に戻ります。
変ホ長調特有の重厚でやわらかい響きを楽しんで下さい。
トランペットのベルトーンは難所です。テンポが遅いので、1小節を2拍でカウントせずに6拍でカウントするとうまくいくでしょう。

・75小節目、Allegro vivoは疾走感をもって最後まで突っ切って下さい。
ラスト1小節前の2分音符の響きが薄い場合はTubaもミドルFで参加してください。


楽譜の配布 → http://kohi.ps.land.to/gakufu/musicsheet.html
スポンサーサイト

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

こひがし

Author:こひがし
香味家の主。
仕事は小東出版社長。
従業員はせん♂のみ。

カテゴリ
最新記事
utapiano
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。