FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調声50点、ミックス50点

UTAUをさわっていて一番頭を悩ますのが調声だと思います。
どうやったら上手にUTAわす事が出来るのか?
どうしたら自然にUTAわす事が出来るのか?
難しい問題です。

しかし完璧に調製が出来たとしても、ミックスがおろそかになっては全て台無しです。
kohigashiは調声とミックス、この割合は50:50だと考えています。
元が悪ければどんなにミキシングを頑張っても無駄ですし、完璧な調声でもそれを単にオケと合わせただけならそれは残念な曲になってしまいます。

ここではデモ曲に「朧月夜」を使用し、調声からミックスまでの工程を実例をあげながら紹介したいと思います。

まずはベタ打ちに歌詞を乗せただけ(↓画像参照)のUTAをお聞きください。
これは調声0点ですね。 ustファイル → 101.ust
mp3 → 101.mp3


次は軽く調声します。
エンベローブ、ピッチ、各音の音量を設定し自然な発音を心がけます。
これで調声30点ぐらいかな。 ustファイル → 102.ust
mp3 → 102.mp3


調声が済んだらミックスです。
オケとUTAを重ねます。
エフェクトなしで、単純に音量だけを調節したものが↓です。
これはミックス0点ですね。調声が30点なので、合計30点。
mp3 → 201.mp3


次はきちんとミキシングします。
VSTエフェクトはもちろん、Reaperにはオートメーション機能まで備わっています。これは曲中の任意の場所で音量やパンを調節できるすぐれもので、歌に抑揚をつけたりするのに大変役立ちます。今回はボリュームだけ弄りました。エフェクトはEQ、リバーブ、ディエッサーを使用しています。
これでミックス30点とします。調声が30点なので、合計60点。
mp3 → 202.mp3


30点と60点、赤点と合格点の違いはここにあるんですね。
いや、ミックスは大事です。←これが言いたかっただけ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

こひがし

Author:こひがし
香味家の主。
仕事は小東出版社長。
従業員はせん♂のみ。

カテゴリ
最新記事
utapiano
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。